このサイトでは、作者:肌着少女先生のパジャマ女子会挿入中!?〜姪に欲情なんかしないって言ったくせに!についてあなたに紹介していきますね。

 

ある夜、俺の自宅で下宿している姪の詩織は、女友達とパジャマで女子会をしていて大騒ぎ。

 

うるさいので叱りに行くと、ほろ酔い薄着女子達に誘われ、参加することになってしまうのです。

 

こんな刺激的過ぎるのにちょっと困っていたのですが、やっと寝静まったと思ったら、今度は詩織のパジャマからおっぱいが見えるではありませんか。

 

成長した体を意識しないようにしてたのに、もう俺のアソコは我慢の限界に達し、パジャマに手を滑り込ませて愛撫をしてしまうのです。

 

暗い室内でビクビクと敏感に感じている詩織を姪としてなんて考えられなくなり、脇で詩織の友達が寝てるのに本気ピストンが止まらなくなってしまうストーリーです。

 

ぜひ、あなたもパジャマ女子会挿入中!を堪能していただきたいです。